title

about | blog | feature

img

 

骨董品を見たり買ったりする事が好きです。
骨董と言っても○○鑑定団に登場するような物ではなく、
普段使いできる気に入った物を、
納得いく値段で買うので“だまされた”というストレスはありません。

この印判の大鉢は、
太宰府天満宮で開催される骨董市に初めて行った時に買った物。

 

img

 

最近は掘り出し物が少なくなったけれど、
時々「ここ ここ〜」って呼ばれるんですよ。

以前、東京で骨董店をしていた友人のお店で買った、
色絵の5枚揃えの小鉢。

 

img

 

小さい方はその友人からのプレゼント。
縁起の良い“ふくら雀”の小皿。

長崎でも時々良い出会いがありました。
以前、お寺の境内の骨董市を覗いて見付けた、
梅の柄の3枚重ねの印判。

 

img

 

“お姉さん 今日始めてのお客さんだから…”と
1枚の値段じゃないの?という値段で買いました。
おじさん、何か良い事あったのかも知れませんね?

これも長崎で…骨董店が沢山並ぶ通り。
子供の頃こんなのあったな〜と
どこか懐かしい感じのガラスの器。

 

img

 

ご主人に値段を聞くと「安いよ クリスタル」と…?
どう見ても昭和レトロのガラス食器です。
用事を済ませもう一度覗くと…あら 2割引になってる!

店主とのやり取りも面白さの1つ。
だから“骨董”と聞くと何だかわくわくしてしまう♪




05,Sep,2011

 

 

 

 

copyright "CARINO PECORA" 2010 all rights reserved.
"Hirokoさんの週末別荘ライフ" に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。